経営者の知恵を後継者に残すことで100年企業の基礎を築きませんか

自社の紹介は、「こんなものでいいの?」というくらい、当たり前のものを当たり前に載せる

IT時代に乗り遅れるな

問い合わせをじゃんじゃん獲得するホームページの作り方  
■㈱ワイコム・パブリッシングシステムズ社長 田上恭由氏

「ホームページに載せるネタがない」。「当たり前で何の変哲もない商品ばかりなので、役に立つネタがない」。
ホームページを作る際に、よく聞くお悩みの一つです。

でも、ご心配はいりません。どんなに普通の会社でも、ちゃんと出すべきネタがあるのです。たとえば、会社が存続できていること自体が、そのままでネタなのです。つまり、「沿革」です。どこでどんな商品で創業して、どこに社屋を構えて、どんなお客様との関係を作り、いついつごろ移転や拡張をし、現在があると。お取引をしたいと感じていただけたら、どのような経緯で今があるのかを、確認するのに重要な情報です。


会社は営業時間や休日というものがあります。電話番号のすぐ近くに「月~金9:00~18:00」と書いておくことで、電話をかけていい時間がわかります。また、会社の地図や所在地、ファックス番号、法人番号なども重要なデータです。社員数や直近決算期の売り上げも、あるとさらに信頼につながります許認可や資格保有者がおられたら、そのこともぜひ記載してください。資格は公的なものですので、安心感につながります。社是や企業理念などもぜひものです。

当たり前のことを、しっかり載せることで信頼を作ることができる

納入事例は魔法のコンテンツ

納入事例を、300行くらいの一覧表にするのもお勧めです。それだけたくさんあると、見た方は「おお、こんなにたくさんのお客様に納品しとるんか。それなら間違いない」と納得され、信頼感が増します。ホームページのなかで、こうした納入事例の一覧をのせているサイトは皆無に等しいので、信頼につながります。
社長の顔写真とあいさつです。社長が業界や社会にどんなインパクトを提供しようと思っているのか。ミッションをしっかりとお話しいただければと思います。

そして取り扱い商品です。これだけしっかりした会社が扱っている会社なら、間違いがない、となること間違いありません。経営者の多くの方が、ホームページは商品を紹介するのが一番大切だと考えておられると思いますが、詳細な情報を知る順序としては最後です。商品の情報は、会社が信頼がおけると判断されてからしか、どんなメリットを書いても、買い手の方は読んでくれませんから。

さあ、いかがでしょうか。これくらいの情報なら、必ずお持ちでしょう。ホームページがしっかりできますよ。
この土台がしっかり出来上がったら、「他社との違いや強み」のページも追加して、完成となります。
今ご紹介した情報をきちんと載せることで、問い合わせが入るホームページが出来上がるのです。こんなネタいらんやろうと、載せておくべき情報がないから、問い合わせが入りにくくなるのです。当たり前の情報の積み重ねこそが、信頼づくりのポイントです。

IT時代に乗り遅れるな  Bis・Navi(ビス・ナビ)Vol.137(2022年11月号)

プロフィール

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 6319b0fa432c2fa34b6b4b4b8fcd31c7.jpg

田上 恭由(たがみ やすゆき)
㈱ワイコム・パブリッシングシステムズ 代表取締役
「ふくおか経済」記者・営業、中古車情報誌編集者、システム開発者を経て、平成9年個人創業、翌年法人成りして現職に。上級ウェブ解析士、採用定着士。小規模事業者のウェブサイト構築実績は七百件以上。顧客獲得や採用の課題を解決する手法に定評がある。IT導入補助支援事業者、認定支援機関として、補助金獲得実績も多数。

福岡の中小企業のためのホームページ事業改善|(株)ワイコム・パブリッシングシステムズ |
福岡でホームページのリニューアルや改善など、中小企業さまのホームページに関するお悩みを解決します。集客につながらない、古くなったデザインを一新したいなどのご相談を承ります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました