経営者の知恵を後継者に残すことで100年企業の基礎を築きませんか

経営者と税理士と節税

経営者と税理士と節税

個人契約の生命保険の契約者・受取人変更②

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 死亡保険金が発生する個人の生命保険契約には、通常、3者が出てきます。3者とは、契約者、被保険者、受取人です。前回、お話ししたように、契約者・被保険者が本人、受取人がお...
経営者と税理士と節税

個人契約の生命保険の受取人変更

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 私が税理士に登録したのは、今から20年以上前の27歳の時でした。当時、勉強の中で相続というものは学習しましたが、幸か不幸か、クライアントの皆さんも若く、その親御さんに...
経営者と税理士と節税

消費税の還付申告

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 一般的に事業を行っていれば、消費税は税務署に納めることになります。消費税の申告に簡易課税制度を用いれいれば、必ず納付することになります。しかし、一般課税制度(原則課税...
経営者と税理士と節税

ふるさと納税

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 確定申告の申告期限が、通常の3月15日となり、昨年・一昨年のゆっくりペースから、一気にトップギアに入れて申告作業を進めています。この原稿を書いているのは2月22日で、...
経営者と税理士と節税

青色申告特別控除

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 ここ2年続けて、所得税確定申告の申告期限が1ヶ月延長し、4月15日が申告期限となっていました。今年の申告期限はいつになるのかと思っているところです。一応、3月15日が...
経営者と税理士と節税

インボイス制度

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 令和5年10月1日からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が始まります。すでに皆さんのお手元にも「適格請求書発行事業者の登録通知書」が届いているかもしれません。消費...
経営者と税理士と節税

インボイス制度

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 令和5年10月1日からインボイス制度(適格請求書等保存方式)が始まります。すでに皆さんのお手元にも「適格請求書発行事業者の登録通知書」が届いているかもしれません。消費...
経営者と税理士と節税

相続税を減らす「保険料贈与プラン」③

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 最近、相続税の申告やご相談が続いています。配偶者の非課税枠等を利用するので、納税額がない場合もありますが、相続税の申告をすることにより、配偶者の措置等、色々な制度の恩...
経営者と税理士と節税

相続税を減らす「保険料贈与プラン」②

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 最近、相続税の申告やご相談が続いています。配偶者の非課税枠等を利用するので、納税額がない場合もありますが、相続税の申告をすることにより、配偶者の措置等、色々な制度の恩...
経営者と税理士と節税

相続税を減らす「保険料贈与プラン」①

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 生命保険の保険金は、保険契約者(保険料の負担者)が誰か、被保険者(保険の対象となっている人)が誰か、保険金の受取人が誰かによって、受け取った生命保険金の課税が異なって...
経営者と税理士と節税

相続税における生命保険金に係る非課税枠

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 被相続人の死亡を原因として、相続人のもとに入ってきた死亡保険金等は税法上、みなし相続財産となります。死亡保険金などは、民法上は亡くなった人の財産(遺産)ではなく、死亡...
経営者と税理士と節税

評価を下げる② 不動産小口運用商品について

経営者と税理士と節税   ■井上税理士事務所 所長  井上 伸一 前回は、アパートやマンションを建てることにより土地を貸家貸付地として評価し、評価額を下げるという方法のメリットとデメリットを紹介しました。今回は、価値の下落というデメ...
タイトルとURLをコピーしました