経営者の知恵を後継者に残すことで100年企業の基礎を築きませんか

コロナの後はルネッサンス

ビジネス徒然草

ビジネス徒然草  ■アネーラ税理士法人 統括 藤本 周二

原稿書いている今は新型コロナによる政府の緊急事態宣言中です。皆様お元気でしょうか。世の中は飲食店やホテル、旅館は特に閑散としています。休業要請もいろいろなところに出ています。今踏ん張りどころの会社もたくさんあると思います。テレビや新聞ではこのままでは経済も滅びる、生命も滅びると大騒ぎです。

しかし、中世のペストも2、3年で終息しています。その後はどうなったのでしょうか。いろいろな説がありますが、有力な説はルネッサンス文化の花が咲いたと言う事です。ルネッサンスとは復興。再生。新しい時代という意味です。世界史上に燦然と輝くルネッサンス文化。まさしく生と死について人々が本当に真剣に考えた結果文化の華が咲いたと思います。

では、コロナ後はどうなるのか。ペストでも2,3年で終息しています。コロナも遅くとも2年で終息すると仮定しています。その場合何が起きるのか?
私は今度はビジネス革命が起きると思います。会社に行かなくても仕事ができる。ただこれだけで、オフィスの需要も変わりますし、人事評価も変わりますし、一番は仕事の効率性が変わります。この革命をビジネスルネッサンスと私は呼んでいます。
ビジネスルネッサンスの時代にどう生きていくのか?どうビジネスルネッサンスをリードしていくのか?
真剣に考えられるときです。

ビジネス徒然草  Bis・Navi(ビス・ナビ) Vol.107(2020年5月号)

➤ 他の「ビジネス徒然草」の記事を読む

プロフィール

藤本 周二(ふじもと・しゅうじ) 【公認会計士】
アネーラ税理士法人 統括・東京事務所代表

1959年12月生まれ、福岡市出身、中央大学法学部卒。98年12月藤本公認会計士事務所を設立、所長に就任。2009年8月にエスペランサ税理士法人を設立し、理事長に就任。12年1月エスペランサコンサルティング株式会社、15年3月九州M&Aサポート株式会社、20年12月九州有限責任監査法人を設立。19年エスペランサ税理士法人をアネーラ税理士法人に改称。
信条:至誠天に通ず
著書:『社長の品格』(海鳥社刊)。

アネーラ税理士法人│税務顧問・相続税申告・事業承継支援・M&Aの税理士・公認会計士事務所
総勢93名・税理士23名(有資格者含む)・公認会計士8名が集結したアネーラ税理士法人グループです。相続税申告、コンサルティング(事業承継、M&A、事業計画作成、株式公開)、組織再編(ホールディングス化、合併・分割・株式交換・株式移転)、バリュエーション(企業価値評価)など。分野別の専門スタッフが、様々な課題に対応します...

コメント

タイトルとURLをコピーしました