経営者の知恵を後継者に残すことで100年企業の基礎を築きませんか

九州偉人ファイル

九州偉人ファイル

日本の近代化を治水で支えた「日本三大疏水の父」

九州偉人ファイル  ■南 一郎平 昔も今も治水が地域住民の命を守る重要な事業であることに変わりはない。土木技術が発達し気象予報の精度が上がった今日でも、日本のあちこちで水害が起き、地域に甚大な被害を与える。道路や橋が破損し交通が遮断...
九州偉人ファイル

ペースメーカーの父

九州偉人ファイル  ■田原 淳(たわら・すなお) ペースメーカーは、医療機器として多くの人の命を救い、生活の質を向上させた。国内の使用者(装着者)数は、30万人とも40万人とも言われている。それほど多くの人にとって無くてはならないペ...
九州偉人ファイル

「電力王」と呼ばれた男

九州偉人ファイル  ■松永安左エ門 福沢桃介との出会い 「電力王」と呼ばれた実業家、松永安左エ門が亡くなって50年が経った。福岡市美術館では、「没後50年 電力王・松永安左エ門の茶」を企画している。茶人・美術収集家としても有名...
タイトルとURLをコピーしました